HOME > SWライナー工法

SW Liner

SWライナー工法

下水道管きょ更生工法(製管工法)

SWライナー工法は、下水道管きょ更生工法(製管工法)として、平成26年7月7日、日本下水道新技術機構の建設技術審査証明書を取得しました。

スピーディーで経済的なSWライナー工法

下水道管きょは、年々老朽化が進み、管更生の必要性が高まっています。特に下水道管きょでは、内部腐食、クラック、管きょの接合部からの侵入水や木の根侵入等の多くの問題を抱えており、供用水を流しながら更生できる技術が必要とされています。しかしながら、供用中の下水道管きょを更生するにあたっては作業員の安全確保に留意すべきであり、菅きょ内における作業は極力避けるべきです。SWライナー工法は、このような多くの問題を抱えるΦ800mm以上の中大口径管を非開削でかつ供用水を流しながら更生が可能となるよう、また管きょ内における作業を最小限とするよう開発されたものです。

山城土木(株)SWライナー工法・サービス|ご連絡先

住所
名古屋市緑区浦里3丁目39番地
TEL
052-892-6138
FAX
052-892-6175
担当
松山茂